アナスタシアと究極の美

専門家の根拠を元に美容と健康について語るサイト

ダイエット

食べながら楽して【脂肪燃焼ダイエット】は本当に可能なのか!?

更新日:

皆さんはどうしたら痩せることができるのかという悩みを抱えていますか?ダイエットするためには脂肪を燃焼させる必要があります。しかし脂肪は中々落ちません。

中性脂肪や内臓脂肪がしぶとく体に纏わりつきどうにか脂肪を落としたいと一度は願ったはずです。

ダイエットはしたいけど仕事や家庭事情に追われてジムに行く時間や仕事で疲労している体に鞭打って更に酷使することは逆にストレスを溜めかねません。

だから普段の生活リズムを変えないで無理せず簡単なところからダイエットを始めたいですよね。

しかしながら脂肪燃焼系のダイエットサプリ、コブチャそして置き換えダイエット(お昼をお弁当の代わりにスムージーにする)などでダイエットを試みて全く効果がなかったなんてことはよくあることです。

脂肪を燃焼してスリムな体型にすることを目標にしている方が多いですが、脂肪が多いと病気にかかりやすいことも事実です。

内臓脂肪が増えると大腸がんや乳がんそして胃がんになりやすくなる危険性もあるのでやはり脂肪を減らすべきなのです。

この記事はそんなダイエット方法に悩みを抱えている皆さんに嬉しい情報をまとめた内容になっております。

医療の研究が進むにつれて様々なダイエット方法が紹介されてきました。

その中で最新医療事情で注目されている脂肪燃焼方法は食べながら脂肪を燃焼するというダイエットです。

皆さんもこの記事を読んで脂肪燃焼ダイエットに楽して挑戦してみませんか!?

脂肪燃焼しやすい体づくりです

kash101 / Pixabay

まず知っていただきたいのは人はそれぞれ脂肪が燃焼しやすい体脂肪が燃焼しにくい体など個人差があります。

もし皆さんが中々体重を落とせない、脂肪を減らすことができないと感じた方は脂肪を燃焼しやすい体作りから始めましょう。

まず当たり前のことですが脂肪を燃焼をするためには脂肪を燃焼させやすい体作りが大切です。

脂肪燃焼しやすい体質を作るためにグルカゴンが重要

その脂肪を燃焼させやすい体作りとはインシュリンの分泌を緩やかにし血糖値を下げることで出現するグルカゴンというホルモンを活性化させることで実現可能です。

グルカゴンはグリコーゲンの分解を促進させます。肝臓内にグリコーゲンが不足すると脳の神経が脂肪を分解する様に命令します。

結果的に脂肪を燃焼させやすい体になります。

グルカゴンとインシュリンの2つの関係をシーソーに例えるとわかりやすいです。

▼脂肪を燃焼しにくい体▼

▼脂肪を燃焼し易い体▼

Anastasia
インシュリンは多すぎると良くないのかしら?
インシュリンの作用が問題みたいニャン!
カボにゃん

インシュリンの分泌を抑えて脂肪燃焼しやすい体を作る

インシュリンはすい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられています。

パンや米に多く含まれている炭水化物が多く含まれている食べ物を摂取すると体の血糖値が上昇しやすく血糖値をコントロールする為にインシュリンが分泌されて血糖値が正常値になるようにコントロールするのです。

しかしインシュリンは脂肪を増やし脂肪を燃焼しにくくする体質を作ってしまうため気をつけなければなりません。

インシュリンが過剰に分泌されると体にある脂肪細胞に脂肪を過剰に取り込んでしまうため肥満の原因となります。

Anastasia
私たち欧米人はインシュリンの量がアジア人より多いため肥満が多いのよ!

さらにインシュリンの分泌が多いと血中の糖分を取り除くのに忙しく脂肪をエネルギーに変える作業に手が回らないため体脂肪が燃えにくい体質になってしまいます。

さて脂肪を燃焼させやすい体作りの答えがそろそろ見えてきたと思います。

要する脂肪を燃焼させやすい体にするためにはインシュリンをあまり分泌させない食事方法をすることを心がけることが大切です。

インシュリンの分泌を抑える食事方法

Sponchia / Pixabay

インシュリンが過剰に反応するのはブドウ糖に変えられる炭水化物の摂取が頻繁に起こるからです。

なのでなるべく炭水化物が多い食事を控えることが大切になってきます。

低炭水化物ダイエット

食事量を減らさずにあえて炭水化物が多い食料を減らすことにより自然に体脂肪が減っていきます。現にこれは低炭水化物ダイエットと呼ばれ私の上司は減量に成功しました。

意識をするだけで簡単に始められるダイエットですのでおススメです。

低インシュリンダイエット

そしてもう一つは食事の順番を意識することです。炭水化物はタンパク質の後に食べることを心がけましょう。

例えば皆さんの目の前に食事が並んでいるとします。その時は必ず次の手順で食事をするように心がけましょう。(味噌汁→野菜→たんぱく質→炭水化物の順)で食べることが推奨されます。

American system of nutritionの最新の研究ではたんぱく質が血糖値を下げる割合が高いとされる研究結果が出ています。

これはどういうことかと言いますと魚や肉などのたんぱく質が多く含む食事をご飯やパンなどの炭水化物より先に摂ることにより急激な血糖値の上昇を防ぐことができインシュリンの過剰反応を予防できます。

なのでインシュリンの分泌を緩やかにする低インシュリンダイエットに分類できると言えます。

インシュリンの分泌量を減らすことで体脂肪を燃焼しやすい体へと変化できるのです。

早食いも血糖値を急激に上げるため良くないニャン。
カボにゃん

インシュリンの分泌御抑えるポイント


1.なるべく炭水化物を摂らない
2.食事の順番はたんぱく質の後に炭水化物
3.早食いせず良く噛んで食べる

注意ポイント

しかしながら上記のインシュリンを分泌させない対策を過剰にしてしまうと低血糖などの体に異常をきたしてしまいますので食事を抜くようなダイエットは避けた方がよさそうです。低血糖の原因は食事を抜くことで血糖値が低い状態が続くと脳へのエネルギー代謝を乱し精神病や手の震えそして動悸などの症状が出る可能性があります。

食べ方一つでダイエットできる方法を紹介している記事も合わせてどうぞ▼

今までは脂肪を燃焼しやすい体質作りの話をしてきました。次はどんな食べ物が脂肪を燃焼しやすいか紹介していきます。

食べ物に含まれる脂肪燃焼成分

脂肪燃焼をするためには食べ物に脂肪燃焼成分が含まれていなければなりません。

ここでさらに脂肪燃焼成分には3つの作用があることを知っておかなければなりません。その3つの作用とは

  • 脂肪を分解させる成分
  • 脂肪を運搬させる成分
  • 脂肪をエネルギーに変える成分

上記の3つに作用する成分は若干ことなりますので説明していきます。こちらの記事が詳しくその脂肪燃焼の3つの作用を説明しています。

シボヘールでしつこい内臓脂肪を減らす

お腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)ウエスト,体重(BMI)を減らすのを助ける機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」配合。葛の花由来イソフラボンは1)脂肪の合成を抑える2)脂肪の分解を促進する3)脂肪の燃焼を促進させる3つのパワーで気になる脂肪に働きかけます。

脂肪分解成分を含む食べ物

さて脂肪を分解させる成分は脂肪分解酵素であるリパーゼです。リパーゼは消化液に含まれる酵素なので消化液酵素とも呼ばれます。

そのリパーゼを活性化させるのがトウガラシなどに含まれるカプサイシンになります。

なのでリパーゼを含む食べ物やカプサイシンを多く含む食べ物を摂取してみましょう。

リパーゼの摂取は主に野菜からできます。割と一般的な野菜でリパーゼを摂取できます。

ほうれん草、大根、人参、セロリなどがリパーゼを多く含む野菜として知られています。

脂肪を運搬・取り込ませる成分

L-カルニチンが脂肪を運搬・取り込ませる成分になります。脂肪細胞から分解した脂肪酸を代謝させエネルギーに変える(外へ排出させる)までに運搬させてあげなければなりません。

L-カルニチンを含む食べ物は主に肉類を摂ることによって可能となります。牛肉にはL-カルニチンが多く含まれていのでダイエット中に肉類を選ぶなら牛肉がベストです。

もしラム肉があれば一番L-カルニチンが豊富に含まれるためいいのですが一般的に普及しているものではないので難しいと言えます。

脂肪をエネルギーに変える成分

有名な脂肪をエネルギーに変える成分はカテキンになります。そしてコエンザイムQ10も脂肪をエネルギーに変える成分といううわさを耳にはさんだことがある方も少なからずいると思います。

ここで注意していただきたいのは最近の研究でコエンザイムQ10は脂肪をエネルギーに変える成分である根拠がないので注意が必要です。

関連記事
コエンザイムQ10と美肌効果について

普段の生活で消費するエネルギーは実はかなり消費されているのです。若い時は栄養を吸収しやすくまた身体を健やかに保つために十分なエネルギーが作られるため特に気にする必要はないです。 しかしながら歳を重ねる ...

続きを見る

カテキンを多く含む食べ物はリンゴ、チョコレート、いちご、ブルーベリー、お茶などが知られています。しかしながら果物の果糖は非常に太りやすい糖分であるためカテキンを摂取するならばお茶が良いと考えられます。

Anastasia
脂肪を分解して代謝をあげて体外へエネルギーとして排出させる為には野菜、肉、そしてお茶などを摂れば実現できるのね。
結論を言えば炭水化物の摂り方を気をつければ後は普通の食事で大丈夫だニャン!
カボにゃん

冷たい食べ物は避ける

冷たいものを選ぶと体の代謝が下がり脂肪を燃焼しにくくなります。なのでサイドメニューは味噌汁などの温かいものを選ぶのがコツになります。

食べながら楽してできるその他の脂肪燃焼ダイエット

直接食べ物にかかわるダイエット方法ではないですが、一応食べることをやめる必要なくダイエットする方法がありますので紹介します。体の大きな筋肉を鍛えることにより基礎代謝が上がり脂肪燃焼しやすい体を作ることが可能です。

今回はあくまでも食べながら楽してできるダイエットがテーマなので筋トレなどのダイエットはもちろん紹介しません。楽して体を鍛える方法は体に張り付けるだけの電動式で動く装置などがあります。

脂肪を燃焼をサポートできる器具に触れた記事もありますので興味がある方はこちら▼

関連記事
痩せたい人のための簡単ダイエット
【痩せたい】あなたに朗報!普段の生活リズムを変えずにダイエットできる補助商品まとめ

Anastasiaこんにちは~アナスタシアです。今回は普段の生活を変えずにダイエットをする方法を紹介します。 ダイエットは苦手だけど無理しなくてもいいならぜひやってみたいニャン!カボにゃん 普段の私生 ...

続きを見る

まとめ

今回紹介した楽して脂肪燃焼ができる方法は低炭水化物ダイエットやインシュリンダイエットのプロセスを踏むことで実現できるということが分かりました。

炭水化物に気を使えば楽して脂肪を燃焼させることが可能です。普段の食事から炭水化物に対する意識を変えて楽して脂肪燃焼させてみませんか?

-ダイエット

Copyright© アナスタシアと究極の美 , 2020 All Rights Reserved.