アナスタシアと究極の美

専門家の根拠を元に美容と健康について語るサイト

脱毛

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしくない

更新日:

興味はあるけれど、「恥ずかしいし、ぜったい痛そう…」と二の足を踏んでいたデリケートゾーンの脱毛。

少し前までは「海外セレブなど特別な人がやるもの」というイメージでしたが、最近はデリケートゾーン脱毛をする人が増えているとか。確かに、自己処理が難しく面倒なデリケートゾーンにこそプロの手を借りるべきかも!? ということで、とある「私」がいかにしてデリケートゾーン脱毛に興味を持ち、どう体験したか、その過程を追ったレポートを赤裸々にお届けします♪

デリケートゾーン脱毛が流行っているらしい…一体ナゼ?

デリケートゾーン脱毛の経験者によると、人気の理由は、見た目がキレイになるという以上に、実は実用的なメリットがたくさんあるからだとか。例えば以下の3つ。世代によっても異なるみたいです。

デリケートゾーン脱毛人気の理由は?
<理由その1>「いつでも清潔」になるから!?

デリケートゾーンのムダ毛は太く濃い毛が多く、密集しているのでムレて菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因に。脱毛すればおりものや経血が毛に絡まりづらく、衛生的かつ快適になるとか。

<理由その2>「はみ出す」不安がなくなるから!?

ビキニラインからアンダーヘアがうっかりはみ出る心配がなくなるので、海やプールでどんなにはしゃいでも大丈夫。大胆なデザインの下着や水着もはみ出しを気にせず楽しめるかも?

<理由その3>「介護に備える」から!?

実は今、介護で下の世話をされることを想定して、デリケートゾーン脱毛を行う40代以上の方が急増しているそう。なるほど、隠部も衛生的に保てるし、お世話をする方も手早くキレイにできそうです。

でもちょっと恥ずかしくない?
デリケートゾーン脱毛で気になる3つのこと!

人気の理由はわかった! でも、デリケートゾーンを脱毛したいなんて「私はボーボーです」と宣言しているようだし、人様に秘部をさらせるのか問題もあるし、恥ずかしさで腰が引けて……という人も多いこの問題。かくいう私も長らく躊躇していた口です。特に以下の3つが気になりました。

①恥ずかしい!

身体で一番パーソナルな部分。同性とはいえ人に見せるのはちょっと抵抗が……

②事前準備は?

施術前、前日の自己処理は必須だとか。どこまでどうすればいいのやら?

③施術がどんな感じか不安

もしかして施術は全裸……。どんな恰好をするの? もしかして痛いんじゃ?

そんなこんなで悩んでいると、友人は「とりあえずカウンセリングを受けてみれば?」とのこと。カウンセリングだけならどうやら無料らしい。

「不思議!カウンセリングで不安と恥ずかしさが消えていく」

いよいよサロンへ。カウンセリングといえど、最初は恥ずかしさと不安でいっぱい。でもジェイエステの脱毛がなぜ肌にやさしいのか、どんな風にお手入れが進むのか、ひとつひとつ丁寧に説明してもらううちに徐々に緊張がほぐれてきました。

「私も施術を受ける立場になった時、初めは恥ずかしかったですが、すぐに慣れるので大丈夫ですよ♪ 私たちは毎日施術しているので見慣れていますし、気にしないでください」という言葉にプロにおまかせする安心感を感じました。

事前準備に行う自己処理のポイント、施術中の雰囲気などなど、聞きたいことは何でも答えてくれます。 ここまできたからには、デリケートゾーン脱毛してみようかな……。

デリケートゾーンのカウンセリング風景
「どんな格好でする!?デリケートゾーンの脱毛」

後日、教えてもらった自己処理を施し、万全の状態で脱毛チャレンジ! ガウンと紙ショーツに着替えたら、いよいよ施術スタートです。 まずは、ベッドに仰向けに寝てVライン。

ガウンは着たまま、ヒアルロン酸トリートメントで保湿→照射、とテキパキと作業が進んでいきます。 正直、デリケートかつ毛も濃い部位なので、多少の痛みは覚悟の上だったのですが、え??こんなもの? と意外と痛くない!!

これがカウンセリングで言っていた痛みや肌の負担が少ない、ジェイエステの冷光スーパーヒアルロン酸脱毛か!と気分も上がります♪ 他社から乗り換えのお客さんからも「他社と比べるとそんなに痛くない」と好評だそうです。

さらに、デリケートゾーンなど毛の濃い部位は、脱毛後に冷却をして痛みを極小化してくれます。

Vライン施術中の様子
お次はトライアングルの上から下へ。部位ごとに体勢を変えながら施術するのですが、ここまでは足を少し開いてベッドに仰向けに寝転んでいる状態なので、恥ずかしさも痛みもほぼなく、余裕の難易度Aです。

続いてIラインへ。ここで体勢が少し変わり、難易度が一段上がります! 仰向けのまま、片足ずつ4の字を描くようにパタンと横に倒します。

とても細いショーツの両サイドを手早く照射していきます。大事な部分がほぼ丸見えのような気もしますが…ここまできたらまな板の上の鯉。自分は鯉だと言い聞かせます。

Iライン施術中の様子
最後は横向きになってTバックゾーン。お尻の割れ目の周辺に照射していくので、私の大きなお尻は丸出し(笑)。なかなかハードな体験ですが、徐々に難易度を上げてきたおかげと、照射範囲が狭いためあっという間に終わるので、羞恥心で取り乱すことなくクリアです。

「気持ちが軽くなったみたい!どんどんきれいにしてもらおう」

羞恥心に悶える間もなく、あっという間に施術は終了。トライアングル上下、Vライン、Iライン、Tバックゾーンの5部位トータルで施術時間は15分くらい。着替えの時間を入れてもトータル約30分というスピードでした。 まさに百聞は一見にしかず。

あれほど悩んだ「デリケートゾーンをさらす問題」も取り越し苦労で、むしろやり遂げた達成感ときれいになったスッキリ感で気分爽快!自己処理の面倒な手間やデメリット(肌あれやはみ出し)から解放されることを思うと気持ちが軽くなり、むしろ次回は、施術の邪魔だったら紙パンツなしでも!とすら思いました(笑)。

脱毛が完了するまでは12〜18回程度かかるそうですが、徐々に毛量が少なくなり、毛も柔らかくなってくるようなので、早くも楽しみです♪

ヒアルロン酸でケア
ジェイエステのデリケートゾーン脱毛を受けてみて…
ほとんど痛みがなかった!
施術部位のお肌も、施術前よりきれいになった気がする!
意外とすぐ慣れる!

-脱毛

Copyright© アナスタシアと究極の美 , 2019 All Rights Reserved.