アナスタシアと究極の美

専門家の根拠を元に美容と健康について語るサイト

日記

ロシアはゲイが住みにくい国なのか?

更新日:

こんにちは、皆さんは同性愛についてどう考えますか?

同性愛が比較的オープンな国として知られているのはアメリカ合衆国です。

ゲイに対して優しい国を指標で表したゲイとラベル指数(gay travel index)というのが存在するそうです。


参照:t-online.de
赤い色がゲイが住みにくい国、緑色がゲイフレンドリーな国を表します。

さすが自由の国アメリカですね。スウェーデンは常に一位です。一方日本はどうでしょうか?同性での結婚は事実上認められていません。

東京都渋谷区では婚姻と同等の物は区役所から発行されているようですね。

世界ではまだまだ同性愛に関してシビアなのです。

自分がゲイという事を他人に打ち明けられずにいて苦しんでいる人々が多くいます。

生まれてきたのにも関わらずそんな悩みを抱えて苦しんでいる人々がいます。

人がだれかを好きになるってごく普通なことじゃないですか?

男性が女性を愛し、女性が男性を愛すことだけが普通の愛の形ではなくなってきているのでしょう。

同性愛以外にもパンセクシャルという思考を持つ方々もいます。

パンセクシャルは人間以外にも好意を抱く人々のことを指し、極端な話宇宙人でも好きになり得るのです。

男女だけがお互いに好意を抱くことが当たり前の時代は古いのでしょうか?

もし自分の子供が同性愛者と打ち明けた時皆さんはその言葉を心の底から受け入れることが可能でしょうか?

世界ではまだまだ同性愛者に対して厳しい国があるのです。

例えばロシアもそのうちの一つです。

例えばロシアの大統領の顔とゲイの象徴であるレインボーをコラボさせたような画像を編集して作った画像をツイッターやFBで投稿したりすると違法で逮捕までされます。

ロシアにも一応ゲイバーっぽいものがありますが宣伝はできないのです。

ロシアで同性愛ビジネスをしたら余程の口コミがない限り商売繁盛は難しいでしょう。

これは同性愛のプロパガンダを禁止するロシアの法律が成立しているからです。

あくまでこの法律はゲイを迫害するものではないとロシア政府は主張しています。

ロシアの国民は保守的で仮にモスクワの街頭で同性婚について賛成か反対かとアンケートを実施したら間違いなく反対派が多い筈です。

事実ロシアでゲイパレードをすると反対勢力に一網打尽にされてしまいます。

こう考えると日本の方がゲイにとってましなのでしょう。

最後にゲイに対して物凄い厳しい国はやはりイスラム諸国ではないでしょうか?

イスラム教は熱心な信仰を持つ信者が多く存在しイスラム教では同性愛が認められていないことが大きな背景にあります。

まとめ

まだまだ同性愛者に関する問題は解決しそうにないですね。

同性愛は非常に難しい問題です。将来仮に生体技術や医療技術が物凄い進歩して男が完全な女になれたり女が完全な男になれるとしても同性が好きなのでどうにもなりません。

救われるのはきっと男の体に生まれてきてしまった女性とか女の体に生まれてきてしまった女性くらいでしょう。

果たして今後いい展開に向かうのでしょうか?

-日記

Copyright© アナスタシアと究極の美 , 2019 All Rights Reserved.