アナスタシアと究極の美

専門家の根拠を元に美容と健康について語るサイト

脱毛

敏感肌・アトピー肌の医療レーザー脱毛

更新日:

医療脱毛に使用する医療レーザーは、高い効果はもちろん、医療的観点から高い安全性に考慮して開発されています。そのため、アトピーなどのアレルギー体質や敏感肌でお悩みの方でも、症状の程度によって安全に施術を受けていただくことができますので、ご安心ください。肌が敏感な方にこそ、永久脱毛をおすすめしています。

敏感肌に悩む方こそ医療脱毛がおすすめとは?その理由とは一体どのようなことなのか、また敏感肌の方が医療脱毛に臨む上で、注意すべき点も合わせてご説明いたします。

自己処理は肌への負担が大きい

敏感肌かどうかに関わらず、ムダ毛を自己処理するということは、お肌に大きなダメージを与えています。実際、自己処理によるカミソリ負けなどの肌トラブルになった経験がある方も多いのではないでしょうか?特に敏感肌の方の場合、カミソリ・シェーバーによる剃毛だけではなく除毛クリームやワックスでも、肌トラブルに悩まされた経験があるのではないでしょうか。

その点で永久脱毛を行えば、自己処理を行う必要も極めて少なくなるため、お肌に大きな負担をかける機会も減ります。つまり、永久脱毛をすることで、肌を傷つける原因が一つ解消されるというわけですね。

エステ脱毛の方が肌に優しい?

医療脱毛とエステ脱毛は、度々比較されることがあります。そこで、医療脱毛とエステ脱毛の違いについて、ご説明しましょう。この2つの大きな違いについては、「脱毛器の照射パワー」を一番に挙げることができます。

医療脱毛の場合、永久脱毛効果をもたらすほどの強い照射出力を持つ医療レーザーを使用して脱毛を行います。一方でエステ脱毛の場合、厳密には脱毛ではなく、ムダ毛を一時的に減らす「減毛効果」をもたらす施術のため、その照射出力は医療脱毛よりも弱いと言えます。

このように照射出力の強さで考えると、医療脱毛は「照射出力が強い=肌へのダメージが高い」とイメージする方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かにエステ脱毛の方が出力は弱いので、照射そのものを見ると肌への負担は少ないと言えます。

しかし、医療脱毛の場合、照射による肌ダメージを最小限に抑えるため、冷却をしながら照射をおこなったり、施術後に炎症を抑える薬を処方したりと、肌トラブルのリスクに備え対策をとって施術に取り組んでおります。

さらに医療の国家資格をもった医師・看護師が、診察やカウンセリングを行い患者様のお肌状態や毛質に合わせた最適な脱毛方法で施術をいたします。また、万が一のお肌トラブルに対する医療的処置が即時に行われるという点でも、決して医療脱毛の方がリスクが高いとは言い切れません。

肌のコンディションによっては待ちましょう

アトピーなどのアレルギー疾患をお持ちの方や、敏感肌の方の場合、施術時に肌の炎症や色素沈着が強く現れている際には、施術を行うことはできません。これも当然、安全性を考慮してのことです。この場合、炎症や色素沈着が落ち着いてから、施術を行うことになります。

ただし、炎症や色素沈着が、医療レーザーの照射ができるレベルのものかどうかは、脱毛サロン側が判断します。医療脱毛の場合医師が判断してくれます。

施術後に赤くなった時の対象

医療脱毛は安全性に十分考慮して行われますが、肌への刺激は少なからずあります。そのため肌質や毛質によっては、施術後に肌の赤みなどが発生することもあるのです。

ほとんどは、術後2~3日程度が経過すると、徐々に症状も落ち着いてきますが、稀にしばらく赤みが残ってしまうケースもあります。もし術後しばらく経っても、肌の赤み、炎症が続くようであれば、ご遠慮なくクリニックまでご相談ください。

脱毛期間中は、いつも以上に保湿に気をつけよう!

脱毛後の肌は、いつもより乾燥しやすくなるというご相談をいただくことも多くあります。そのため、脱毛後はいつも以上に、入念に保湿ケアをするよう、アフターケアについても、きちんとご案内をさせていただいております。

また、施術の際にお肌が乾燥していると、より肌へのダメージは強くなります。だからこそ、たっぷりと保湿をしておくことで、肌のバリア機能が整い、肌へのダメージ軽減にもつながるのです。施術後に限らず、永久脱毛が完了するまでの期間中は保湿がとても重要と言えるでしょう。

まとめ

「肌が赤くなりやすいけど、永久脱毛をしたい」「かゆみが出やすいけど、医療脱毛の刺激は大丈夫かしら」など、脱毛に興味があるものの不安があり、医療脱毛に踏み切れない方、まずはカウンセリングで相談してみませんか?お悩みをじっくりご相談いただくことで、症状に配慮した施術を行うことができます。まずはお気軽に医師や脱毛サロンのカウンセラーに相談してください。

-脱毛

Copyright© アナスタシアと究極の美 , 2019 All Rights Reserved.