アナスタシアと究極の美

専門家の根拠を元に美容と健康について語るサイト

ヘルスケア

避妊ピルを飲む女性は男ったらしではない!?彼女たちの本当の避妊ピルの用途を解説

更新日:

こんにちは、アナスタシアです。今回は避妊ピルについて話そうと思います。皆さんは避妊ピルと聞くとどんなイメージをしますか?保守的な人だと如何わしいなど思うかもしれません。

しかしながら避妊ピルは避妊以外の目的として使用している女性はかなり増えてきています。欧米では避妊ピルは当たり前のように使われています。なので避妊ピルに対していやらしい偏見などをあまり持っていません。

避妊ピルの効果

GabiSanda / Pixabay

避妊ピルの多くは経口摂取によるものが市場に多く出回っています。近くの薬局などでは購入できずしっかりとドクターの管理下の元で処方されます。避妊ピルには以下の様な効果があると報告されています。

避妊ピルの効果

  • 月経前症候群軽減
  • 更年期障害軽減
  • 月経不順改善
  • 過多月経改善
  • 月経痛(生理痛)軽減
  • にきび改善
  • 肌荒れ改善
  • 月経時の頭痛軽減
  • 更年期障害軽減

等の効果が観られます。

避妊ピルのタイプ

避妊ピルは一応用途ごとにタイプ分けされており

  • 普通のピル
  • 緊急避妊ピル
  • 生理用ピル

の3つに大まかに別れます。

避妊ピルの摂取

避妊ピルは一日一回一錠決まった時間に飲むことが推奨されています。なので避妊ピルリマインダーなどのスマホアプリがあるほどです。もしその日にピルを飲み忘れてしまった場合は次の日は2錠飲むことになります。

避妊ピルには21錠タイプのものと28錠タイプのものがあります?21錠タイプは最初の服用から3週間毎日飲み続けて最後の1週間は生理にさせます。すなわち1週間だけピルを飲みません。

28錠タイプのものは最後の7日間はプラセボと呼ばれる偽物のピルです。わざわざ毎日飲ませるのは忘れてしまわないようにという配慮からなのです。

避妊ピルの効き目が表れるのはいつ

服用が初めての方は正しく避妊ピルを飲んだとしてだいたい5日~7日位に効果が出ると言われています。これは実は難しい話で医者によって意見がまちまちなので気休め程度に聞いておいてください。

避妊ピルの副作用

guvo59 / Pixabay

避妊ピルの副作用

  • 吐き気
  • むくみ
  • 頭痛
  • 不正出血
  • 血栓症
  • 食欲増加
  • 筋力低下

などの副作用が報告されています。

さて避妊ピルですが薬なのでもちろん副作用が出てしまう方もいます。どんな副作用があるのか処方されたピルにより若干ことなります。一時期問題になったの避妊ピルは多くの女性ホルモン成分が含まっており(女性ホルモンがメインの薬)血栓や血液をドロドロにする副作用があるピルです。

マーベロン28などは血栓などの問題を引き起こすため血液などに問題がある方は他の低用量ピルを用いります。

インターネット上で個人輸入経由で手に入りますがホルモンと強い関連性があるピルゆえにどんなタイプの避妊ピルが一番いいのか必ず医師を通してしっかりと検査をしてから決めるのが安心です。

ドイツではごく少数ですが避妊ピルが原因で死亡した例があります。

今ではジェネリックや低用量と呼ばれるLOCピルそしてオメガ3脂肪酸と呼ばれる血液をサラサラにする成分を含むピルもあるため昔ほど気にする必要はありません。もし気になるのであればクリルオイルなどオメガ3脂肪酸と似た様に血液をサラサラにするサプリと併用して避妊ピルを飲むことをおすすめします。

避妊ピルの成分と作用

ColiN00B / Pixabay

黄体ホルモンであるプロゲストーゲンそして卵胞ホルモンであるエストロゲンの2種類の女性ホルモンが含まれています。次の生理が起きた時を目安に服用することで、排卵に必要なホルモンの分泌量を調整します。

この2つのホルモンを安定させることで脳は既に妊娠しているものだと勘違いした結果として避妊が成立します。詳しいことは専門医に聞いてみましょう。

一相性の避妊ピルってなに?

毎日飲むピルに含まれホルモンの量が一律であるものを意味します。

一相性のメリットとしては不正出血やイライラなどを軽減させる作用があると言われています。

三相性の避妊ピルってなに?

毎日飲むピルに含まれるホルモンの量が段階的に変わるものを意味します。別名段階型ピルと呼ばれます。

三相性のメリットとしては吐き気などの症状が一相性のピルに比べると少ないと言われているところです。

その他の避妊ピルの用途

さてここからが今回のメイントピックであります。避妊ピル飲んでいるイコール遊び人ではありません。避妊ピルはそのホルモン成分を応用した他の用途でも使われるのです。避妊ピルの効果などでもう答えが半分でてしまっているのですが話していきます。

ある女性の生理中の悩みです。

25才女性

兎に角生理中はまさに生地獄でした。毎月くる生理が怖くて辛くて男はなんてうらやましい生き物なんだと女性で生まれてきたことを悔やんでいた時がありました。だけどそれを医者に相談したら産婦人科で避妊ピルを処方してもらうことになり。。。結果はなんと今まで辛かった偏頭痛の傷みがかなり軽減されました。もう避妊ピルなしではやっていけません。

大人ニキビがかなり改善

20才女性

わたしは甘いものが好きでチョコレートなどを食べるとすぐにニキビができてしまう体質です。なのでストレスや寝不足になっても簡単にニキビができてしまいます。もちろんニキビがあまりできないように薬用ニキビケアなどを試しましたがやはり効果は器少なかったです。そんな時友達の勧めもあって避妊ピルを試したところ肌あれやニキビが見事に改善されました。今まで悩まされてきたニキビがたった1つの行動できっぱり治ってしまいました。避妊と聞くと恥ずかしい気もするけどやはりニキビは嫌いなので今も飲んでいます。

不規則な月経を治す

22才女性

月経が不規則で心配だったので服用しています。避妊ピルは月経のタイミングを見計らって飲むとしっかりと規則正しい月経を取り戻すことがあります。月経が不規則ですと出先などでいきなり対応しなければならないので煩わしかったので月経に規則性を持たせるために便利です。

出血が多めの方には改善策になる

32才女性

生理でいつも必要以上の出血をしてしまい唇は青くなりとうとう貧血を起こしてしまい会社を休むことになりました。お医者に相談したところ避妊ピルを勧められ出血も大分減りました。今では手放せませんし、避妊ピルは思ったより安くもっと早く行くべきだと感じました。

以上はほんの一例にすぎません。女性は様々な理由で避妊ピルを飲んでいるということがお分かりいただけましたでしょうか?特に偏見を持ちやすい中学生から高校生の男子にはぜひこの記事を見せてあげてね。

まとめ

女性と月経は切っても切れない縁なのです。新たな生命を身ごもるために必要な生理現象ですが時には身体にマイナス要因を運んできてしまいます。

そう考えてみれば女性は出産時の痛みや妊娠中に強いられる色々な制限などを踏まえると男性より苦労する部分は非常にあります。

なので避妊ピルでなんらかの女性の身に起こる問題を解決あるいは軽減できるのであればを飲んでいる女性を見ていやらしい偏見をもつべきではないのです。

-ヘルスケア

Copyright© アナスタシアと究極の美 , 2019 All Rights Reserved.